北海道・札幌発信のWebサービス制作 - Saltworks inc.

Staffスタッフ

マイナー

マイナー

Graphic Designerマイナー
経歴・入社のきっかけ
デザインの専門学校卒業後、広告代理店〜洋服屋のWEB担当〜フリーランス〜からのソルト。なんかセンスを感じたんでしょう。
仕事内容
主に色んなハガキのデザイン&たまに、ひらめきの発掘。
会社のいいとこ!
いいかげんなとこ!色んな意味で。

随所にmulti meaningを散りばめた唯一無二のデザイン。
その独創的なセンスは他のデザイナーに影響を与え続けている。

一見マイペースなやさしいお兄さんの別顔は、アートプロジェクトなどに出店するほどの作品を武器にもちながら、さまざまな要望にあわせた作品を生み出せる力をもつデザイナー。一滴もお酒がのめないのに、「あの鐘を鳴らすのはあなた」を熱唱し、周りを爆笑させる人には見えません。

個展作品と会社作品で意識しているとこは?
マイナーんっと、簡単に個人の方は、ただ自分が好きなものを好きなように、周りも気にせず作っている自己満足の作品で、会社の作品は真逆の僕じゃなく、お客様やサービス全体のことなど、相手を考えたデザインです。
個展作品は確立した作品(デザイン)といっていいと思うのですが、まったく違う作品を作るのは大変じゃないですか?
マイナー大変ではないですね。 元をたどると、若い時で、フリーでやっていた時は「どんなデザインでも書きます」「なんでもやります」というスタイルだったんです。逆の言い方をすると、その時は自分の確立したデザインがなかったので、いろんな形で作れますといって、仕事を受けていたんですけど、自分の作品を作るときに何もないと思って困っていました。それで、自分のデザインが欲しいなと思ったんです。
自分のデザインを作ろうと思って頑張ったってことですか?
マイナーいや、そこで頑張って今の形を作ったわけではなく、作ろうと思ってもできなくて、うまくいかないなという感じでした。その時に、中高生の時のテスト用紙の裏に書いてあった落書きを、たまたま発見したんです。
自分のテスト用紙ですか?
マイナーそうです。自分の。昔から絵を描くことが好きで、勉強もしないでノートとかに絵ばかり描いていて、そのノートとか全部とってあったんです(笑)。それが、引越しや大掃除ででてきて、その落書きの中に”これいいな”って思うものがあったんです。
じゃあ、個展作品は原点が元なんですね。
マイナーはい。そっから変形して今の形になった感じです。
個展作品ではなく、会社作品の「なんでもやる」というスタイルが先だったんですね。
マイナーなんでもといっても、会社のデザインも個人のデザインも基本は似ていると思うのですけど、でも、個人デザインの絵を会社のデザインに入れても、最終的には自分の中で違うなと感じるんです。
求められているものがわかっているから判断できてるんですね。
マイナー求められているのは、多分わかっていないと思うんですけど、自分の中の感覚ですね。はがきシーズンのクリエイターチェックでお客様が注文したはがきを見ているので、以前よりわかってきたかなーとは思うのですけど。
たしかに実際に注文されるデザインで、ニーズってわかりますよね。
マイナーそうですね。そういうのもあって、相手の求めているデザインは、こういうのじゃないかなとわかるようになったかなぁ。クリエータチェックをする前に作ったデザインは、お客様ニーズがわからないので、感覚で自分の好きなデザインを作ったけどクリエータチェックの中で、お客様ニーズが自分の好きなデザインではないと気がついたんです。それで、お客様ニーズも意識しつつ、新作はデザインするように心掛けたのですが、それがどんな反応か、シーズンが終わったときじゃないとわからないですね(笑)その結果は毎年、次の新作を作る上で重要な要素になってます。

マイナー - イメージ

デザインする上で大切にしているものを教えて下さい。
マイナー一緒なことでいえば、バランスは大切ですね。自分の作品でも会社の作品でも、どんなに一つのパーツがかっこよくても大きさやバランスや配置によって下手に見えるし、逆にシンプルなデザインでも、空間、強弱、配置などのバランスによってすっきりしてた、いいデザインになると思うから、バランスですね。
デザインはできないけど、わかる気がします。
マイナーこれも人それぞれかもしれないけど、バランスを論理的に考えられる人もいるけど、自分は、感覚で作ってて計算はしていないので、どうしてそのバランスなのかとかは説明はできないんです。
その感覚って大切ですよね。
マイナーん〜でも、計算がうまくて、絶妙なバランスを作れる人もいるので、どっちがいいというより論理的に攻めるのか、感覚で攻めるのかのタイプだと思います。
ソルトワークスにいる意義は?
マイナーかっこよくいうと・・・、いろんな塩加減の料理レパートリーを増やす料理教室です(笑)
その言い方、、さすがですね(笑)それでイメージつきますよね。
マイナー自分の作品は作品であるんですけど、そこにずっとこだわって作ってるので、そういうテイストの絵が得意になっているんです。だから、会社でいろんなジャンルのデザインや企画をさせてもらえることが、勉強になってます。卵料理に例えると、個人作品をゆでたまごだとして、オムライスやスクランブルエッグ、目玉焼きなどのレシピと味付けの塩加減を勉強してる場所が会社ですかね(笑)

タンブラー - イメージ

My Must Itemタンブラー

尊敬するデザイナーさんが作ったプロダクツで、ただただ好きで使っている。