北海道・札幌発信のWebサービス制作 - Saltworks inc.

SALT PARKソルトパーク

SALT PARK - ソルトパーク

SALT WORKS

2017年7月。ソルトワークスに、「SALT PARK」誕生。

世界で唯一の『想い出エンターテインメント』を創出する企業、ソルトワークス。
私たちが目指しているのは、世界です。

世界でいちばん、想い出で楽しむ時間を演出すること
世界中の人々が、想い出で心豊かな生活を送るお手伝いができること
世界中で必要とされる新しいサービスを提案し、それがライフスタイルになること

その目標は、とてつもなく高い、“世界”です。
だから、「失敗なくして成長なし」。創業以来変わらずに掲げつづけるソルトワークスの行動理念のひとつです。
ライト兄弟は空を飛びたいと言った。アポロは月にまでたどり着いた。
自分の心がワクワクするような夢に向かって、それに挑む。
いつだってそんな人たちが“イノベーション”を起こしてきました。
目先の失敗をおそれて行動しないより、まずは力を抜いてどんどんチャレンジ!
そして、新しい“イノベーション”を起こそう!
そうやってひとりひとりがソルトらしい人になり、「それぞれがヒーローになる」。
そんなクリエイターたちの集合体を目指しています。

そのためには、
どうしたら、もっとワクにはまらず、ワクワクしてもらえるか。
どうしたら、もっと感動を届けられるか。
「SALT PARK」は、発想力が豊かになるような、常に進化をつづけていけるような、ワクワクするそんな空間です。
すべては、このSALT PARKの壁画に描かれた、ソルトの夢の世界に向かって。
ラクガキから生まれるアイデア、発想を大事にしたいと考えています。

まだ誰も気づいていない、新しい価値を生み出すことのできる、世界でいちばんワクワクする会社。
そんな世界でいちばん想い出に残る会社がソルトワークスです。

エントランス
エントランス

エントランス

ようこそ!SALT PARKへ!!
1歩足を踏み入れたらナニが起こるかわからない、ワクワクがいっぱいのテーマパークのような、はたまた木々や緑豊かな公園の入口のような、そんなエントランスでみなさまをお迎えします。

ミーティングルーム Vルーム

ミーティングスペース Vルーム

ソルトワークスでは業務上、チーム内、またチームを超えてひんぱんにミーティングが行われるので、SALT PARKには、個室ミーティングルームが全部で4部屋あります。どの部屋もそれぞれに特徴があって個性的。すべてにプロジェクターが完備され、この空間で日々、柔軟な意見やフレキシブルな提案が生まれています。中でもここ、Vルームは重厚感あふれるラグジュアリールーム。主に経営会議や面接などが行われる、ちょっと特別な黒い部屋です。

ミーティングルーム A・B・Cルーム

ミーティングルーム A・B・Cルーム
ミーティングルーム A・B・Cルーム

ミーティングスペース A・B・Cルーム

人数に合わせて選べる、ABC3つのポップでカラフルな赤の部屋、緑の部屋、黄色い部屋。その日の気分で色を決めてもよし。色が変わると、飛び出す意見やアイデアもちがってくるかも。

フリーワークスペース

フリーワークスペース

大きいフリーワークスペース

ソルトワークスの壮大な夢の世界『SALT TOWN』が描かれた壁画が目を引く、大きなフリーワークスペース。こちらは、インターンシップの学生さんを迎えての会社説明会や、さまざまな業種の方とのワークショップ、また社員同士の交流の場となっている「ソルトカフェ」などが行われるオープンスペースです。

三角屋根フリーワークスペース

三角屋根の小屋型フリーワークスペース

バリバリ集中したいときや、こそこそ話をしたいときなどに。意外といろいろ使えるコモリ部屋。2つあります。

ひな壇型フリーワークスペース

ひな壇型フリーワークスペース
ひな壇型フリーワークスペース

ひな壇型フリーワークスペース

いつも変わらない、同じ目線でミーティング。でも視線を変えたら高さを変えたら、見え方も変わる。その発想が自由に変わるかもしれない。アイデアだってコミュニケーションだって、新しく、まったくちがった方向から生まれてくるかもしれない。どんどん湧き出てきちゃうかもしれない!そんな思いで演出されたのが、このひな壇型のワークスペースです。

バーカウンター

バーカウンター

ソルトワークスのオフィスバー。シックな大人の雰囲気です。語り合う場所やムードによって、その内容や気分、口に出す言葉も変わるもの。だから、ここでも新しい何かが生まれるかも。重要なことをじっくり語り合う、コミュニケーションの場として。アフター5や残業で、疲れた体をいやす一杯。そして、お客様をお迎えしたときのウェイティングバーとしても。その使い方はさまざまです。また、カウンターの後ろには、ジャンルを超えた書籍がズラリ。アート系はもちろん、建築、インテリア、デザインなどなど。パラパラ眺めるだけで、パッと何かがひらめいたり、感性を磨くことだってできちゃいます。

今回、この「SALT PARK」設立にあたっては、オフィス設計未経験の糖分が総監督に任命されました。天井、フロア、納入されるデスクや椅子にいたるまで。この部屋はどんな雰囲気にするのか、それにはどのようなカラーで攻めたらよいかなど、設計者の方に相談しながら試行錯誤を繰り返し、この「SALT PARK」は完成しました。

「初めてのことでしたが、本当にいい経験となりました。初めてにしてはなかなかよい塩加減でできたのではないでしょうか。またやりたいくらいです!」

SALT PARK 設計担当
糖分